Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

新都市中央通り線の工事両側を見てきた!

  13, 2017 21:20
3/11、つくば市都市計画課が主催する「~まなぼう!つくば市の都市計画講座~」が
あり、受講してきました!
つくば市役所内の会議室で、TX沿線の区画整理等の説明があった後、バスで葛城地区
(研究学園駅周辺)や、中根・金田台地区(テクノパーク桜から桜庁舎一帯)等を巡り、
いろいろ耳寄りな情報をお聞きしました。

中根・金田台では東西、南北に貫く都市計画道路の説明があり、、東西の道路の延長は、
東大通りと北大通りが交わる妻木交差点を経て、研究学園の中心部を貫く新都市中央
通り線へ繋がるとの説明がありました。
まさに道路が形づけられたばかりで、重機で掘り下げている様は、なかなか見ることがで
きない貴重な現場だとのことでした。。。

また、この現場同様、研究学園の西側で、茨城県が進めている万博記念公園駅方面へ
と延びる新都市中央通り線の工事現場も、橋を造る様子が分かり、見る価値があるとの
ことでした。。。

都市計画講座については、後日ブログで取り上げることとし・・・
新都市中央通り線の工事現場を早速見てきましたので、万博記念公園側の新豊年橋西
交差点(秀英高校近く)と、研究学園側の面野井台交差点(東光台研究団地近く)の状況
をレポートします。

万博記念公園駅側は、講座で説明があったとおり谷田川にかかる橋を作っている最中で、
橋から繋がるであろう道路はまだ形すらありませんでした。
工事現場の看板には、新しい橋を作っていますと書かれており、3/20までが工事期間
でした。この様子では、まだまだ時間がかかりそうです。

一方、研究学園側はこのブログでも何度か取り上げていますが、すでに重機も無く、落ち
着いた状況で、後は舗装を残す程度でした。
どうやら、万博記念公園駅側の舗装工事のタイミングと合わせ、仕上げを行うのでしょう!

研究学園から万博記念公園駅へと繋がるのは、しばらく先の様ですが・・・
都市計画講座で教えてもらったように、まさに橋を作る貴重な現場を目にすることができ
ました!

★グリーンの会の 【インスタグラム】 【フェイスブック】 【ホームページ】 もご覧ください!

■新豊年橋西交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年3月12日撮影)




■面野井台交差点の先の新都市中央通り線の状況(2017年3月12日撮影)

関連記事
スポンサーサイト
  •   13, 2017 21:20
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。